センターのご案内

初期研修紹介

(1)目的

 多くの研修医の受け入れができるように、耳原総合病院(大阪)、西淀病院(大阪)、京都民医連中央病院(京都)、土庫病院(奈良)、尼崎医療生協病院(兵庫)、和歌山生協病院(和歌山)を「基幹型研修病院」として「協力型研修病院」、「研修施設」が連携、3者で病院群を形成し、統一した研修プログラムで研修を実施することで新臨床研修制度において各病院の得意分野をいかし、互いに補い合い、プログラムの充実をめざします。

 指導にあたっては、病院群に所属する病院の指導医の相互乗り入れを行い、指導医講習会の開催、カンファレンスの充実を図ります。

 基本研修プログラムをもとに実施する研修に際し研修医の所属先病院は、研修医の意向にもとづき決定します。

(2)研修計画

【研修目標】
 医師臨床研修のうち初期研修の2年間は、将来の専門科にかかわらず医師としての基本的臨床能力を身につける期間です。私たちの医療機関は、「患者の立場に立った医療」を掲げ、地域住民の要求で作られ地域住民の参加による運営を行う共通の歴史を持っており、医療を提供するだけでなく健康を守りそのために社会に働きかけるプライマリー・ヘルス・ケアを実践する条件があります。

 将来地域の患者・住民に求められる臨床医となることを目指して、以下の能力を獲得します。

地域と臨床の場で経験し必要とされる機会の多い、基本的診療能力(知識・技能・態度・総合的判断力)を獲得する。

医療と社会の結びつきを理解し、地域のすべての患者・住民の人権を守り、健康と幸福を追求する医療チームの一員としての素養を養う。

弛みない医学・医療の進歩・発展に応じ学習を進め成長する姿勢を培う。