センターのご案内

センター長のご挨拶

 進みゆく超高齢化社会に対して、厚労省は「医療・介護のグランドデザイン」の中で地域ぐるみのケアを推奨しています。不十分な医療資源の中で、様々な職種の方と力を合わせて医療を守っていかねばなりませんが、医師には今まで以上にチームリーダーとしての力量が求められます。

 民医連関西臨床研修センターに所属する臨床研修病院群はいずれの病院も地域の第一線で活躍している患者様中心の病院です。医学的な問題解決はもちろんですが、心理的、社会的な背景も考慮し健康な生活をサポートできる医師の育成を行っています。研修医の教育は指導医だけではできません。看護師や技師、事務職員や地域の方々など、様々な人が研修医に関わり育ててくれます。

 民医連関西臨床研修センターは、京都・滋賀、大阪、奈良、兵庫、和歌山の基幹型臨床研修病院を中心に研修の質の向上、交流、研修イベントや指導医講習会の企画運営などを行っています。年に3回行われる合同カンファレンスや新歓企画、症例発表会などで頻繁に顔を合わすので関西の初期研修医はとても仲が良くお互いに刺激し、学び合っています。

 私たちの研修理念は、「地域の中で、患者さんの立場にたってチームとして健康問題の解決ができる医師」を育てることです。

 地域で患者さんとともに医療を行う「夢」と「熱意」を持った研修医の皆さんの参加をお待ちしています。